Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
サーフィン > For BEGINNER
 
サーフボード
サーフボード修理
ウェットスーツ
サーフウェアー
サーフギア
ボディーボード
サーフスクール

中古ボード情報


サーフボード

For BEGINNER ・・・ サーフィンをボードで悩んでいるサーファーに!!!

ホールドアウトではサーフィンを流行だけじゃなくライフスタイルとしていつまでも長く楽しめる事をテーマに指導&お勧めしています。

正しい道具と正しい指導があれば必ず一日目で立つ事が出来ます。

ホールドアウトの提案するボードでスクールを受けて頂ければ必ずたたせて見せます、一ラウンド目でね!
ボード&ウェットのレンタル、スタッフによる無料スクール、林 健太プロによる有料スクールも随時開催です。問い合せください。

サーフボード
サーフィンはバランスのスポーツです。
サーフボードの上で前後左右のバランスがとれ中腰で立てることが一番大事です、もしあなたの姿勢が極端に低いとか、スタンスが極端に広いなら、そのボードはあなたにとって難しいボードです。自分の実力にとって難しいボードに乗ればバランスをとるために自然と姿勢は低くなりスタンスも広くなります、その証拠にロングボーダーの初心者はどんな人でも必ず中腰で立っています。それは十分すぎる長さと安定性があるからです。上達の為にはボードの上に正しいフォームで立つ立てることが最も大事な事です。成長のスピードも早くなります。

ホールドアウトでは四国在住の本物の職人達が作ったお求めやすい低料金初心者向けボードを用意しています。
JULY SURFBOARD \78000〜(クリアー ニットケースサービス付)
もちろんオーダーもOKです。お好きなカラーデザインでボードのデザインはHOLDOUTのスタッフと一緒に考えましょう。

上級者は回転性重視のため普通のボードなら身長より10cmぐらいから、幅も狭く厚みも薄い切り返しの早いボードを選択しますが、初心者から中級者の方は安定性重視です、十分な長さと幅、厚みが必要です。最低でも自分の背より20cmは長く幅も49cm以上あることをお勧めします。厚みですがほんの参考例として体重60kgのサーファーで5.8cmは必要です、体重が70kgなら最低でも6.2cmは無いとなかなか立てないでしょう。

まずはボードオーダーシュミレーションに記入してみてください。

オーダーフォームはこちら >>>

詳しいお問い合わせは info@holdout-osaka.com まで
TOP▲