Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コンテスト > サーフィン
 
サーフィン
スノーボード
サーフィンコンテスト
4th SOUTH SHORE CUP
日時: 2008年11月23日(
会場: 高知県東洋町 生見海岸

前日までのドフラットが大会の開催を危うく中止寸前だったけどロコのナオ君の 「やりましょう!」の一声で決行!当日の朝は大会関係者&出場選手のみしか生見に来てないぐらい人が少なくBUT なんと波がありました!大会には最適といっていいぐらいの良い波で進行でき天気にも恵まれ本当に良い一日でした。

今回の大会もちびっ子パワーが凄く各クラスにちびっ子ファイナリストが散らばっていたほどで来年からの大会のあり方を再認識させられた大会でもありました。

ロングボードクラスに昨年度のJPSAチャンプ・今年度の2位の林健太や地元プロの一楽弘徳そしてアマの大会の一線から退いた感じでわあったけど久々の大会をロングで参加の金沢直一らの参加もあり、また岸では今年度JPSAレディースのグランドチャンピョンでもある間屋口香プロなんかがコーチとして姿を見せてくれた日本のTOPアマの田中海周・黒腰大気たちも姿を見せてくれたりで超豪華な大会でした。

決勝前に林健太プロ・一楽弘徳プロ・黒腰大気・大地君達のデモンストレーションライディングに感動し驚かされ刺激を受けた中でファイナルがスタート!

PUSHクラスは3名のエントリーで地元海まで3秒の金沢親子がウィナー!!おめでとう。

激戦のシニアクラスはインタフェアーとかもあったけど得意技パンパンのみでロングライドを重ねたサーファーの手本のようなおっさん辻さんが優勝!これは賞賛したいですおめでとう継続は力です!

ウィメンクラスは強敵の橋本選手をバックハンドの大きなラインのサーフィンで点数を重ねた野呂レイカ選手がねじ伏せた、おめでとう!

1Aクラスは子供の中で戦った古川君本当にお疲れさん、優勝は小山みなみ選手がぶっちぎりで決めていました。2Aクラスは西3兄弟の末っ子大会最年少、西優司選手がまずは優勝二位争いは小山みなみ選手を小差でおさえ地元高橋選手が決めた。

3Aクラスは西家の次男慶次郎選手が立て横に動きまくり順当に優勝、紅一点で4位だったけどファイナルまで残った原佳子選手に拍手!

4A争いもジュニアの戦い!終始リードを取り続けた西3兄弟の長男修司が大会巧者ぶりを発揮して順当に優勝!二位に野呂選手三位に入った大鵬選手にも最後まで勝機はあったがここ一発で西修司に一日の長があった感じです。

最後がロングボードクラスのファイナルです、一楽プロが「久々のファイナルや」って言ってたのが可笑しかったです! このクラスはブッチで健太の独壇場ノーズライディング・ファングハイブはてはチューブまで決めて違いを見せ付けました、まあこの夏練習したもんな、二位は金沢選手、なんと四位に一般地下鉄職員の森野選手が入りこれは関係者いちどう嬉しかったです。

秋の一日最高の大会をサーフィンの神様ありがとう!

■4A
4A
優勝 西 修司
2位 野呂 カイリ
3位 大鵬 翔希
4位 山田 タクト

■3A
3A
優勝 西 慶次郎
2位 岡 幸広
3位 飯田 航太
4位 原 佳子

■2A
2A
優勝 西 優司
2位 高橋 ケイジ
3位 小山 みなみ
4位 辰巳 一人
■1A
1A
優勝 小山 みなみ
2位 川合 みのり
3位 大音 リンタ
4位 古川 幸司

■シニア
シニア
優勝 辻 義之
2位 山本 栄治
3位 山中 保博
4位 西 信司
■Womens
Womens
優勝 野呂 レイカ
2位 橋本 恋
3位 大鵬 成美
4位 井上 陽子
■LONGBOARD
1A
優勝 林 健太
2位 金沢 直一
3位 一楽 弘徳
4位 森野 弘之
■PUSH
1A
優勝 金沢 呂偉
2位 大音 リンタ
3位 山中 ミネ
 

〜大会風景〜
3nd South Shore CUP/第55回 ホールドアウト サーフィンコンテスト 3nd South Shore CUP/第55回 ホールドアウト サーフィンコンテスト 3nd South Shore CUP/第55回 ホールドアウト サーフィンコンテスト