Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コンテスト > サーフィン
 
サーフィン
スノーボード
サーフィンコンテスト
2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト

日時: 2006年11月19日(
会場: 高知県東洋町 生見海岸
コンディション:肩〜頭〜頭オーバー  雨

2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト
11月19日前日まで波が無かったのが嘘のように肩〜頭ぐらいの波が押し寄せて来ている。

時代を反映してか今回は特にチビッコサーファーのエントリーが目立ち、そんな彼らを応援する父兄の声が浜辺のあちこちで飛び交っていました。
天気はあいにく雨でしたけど、エントリー者全員の熱気がバッドコンディションを忘れさす勢いでした。
波のサイズは時間がたつごとに大きくなりパドルの力が順位を大きく左右していました。

KID‘Sクラスのファイナルは大橋桃ちゃんが安定度の高いボードの力を味方に嬉しい初優勝!BBクラスは終始安定していた藤井良子さんがNO1に輝く!
シニアクラスは果敢にもセットの波に狙いを絞りアタックしていた山中選手がインサイドでしなこく波を選択していた大鵬選手を抑え順当の優勝。
今回激戦の女の戦いウーメンクラスは原佳子が追撃する森永&野津選手を抑え嬉しい優勝!
1Aクラスは大人代表の南野選手にKIDS達が対抗する構図でのファイナル、大人のプライドでアウトに出てセットの波にチャレンジしていた南野選手、インサイドで小刻みにスープライディングで得点を重ねたチビッコ3人に凱歌が!優勝は大田耕平がGET!
2Aクラスはアイガ選手が3Aクラスはミズノ選手が混戦を抑えウイナーに!
注目の4Aクラスは地元の林亭が大きなラインからリップを決め同じく地元の高森、田中海周を押さえ余裕の優勝を決め存在感を見せていた。寺島君の今後の活躍も大いに期待したいです。

今回は波が大きく全ての面で日ごろの練習の成果が問われるコンディション、またパドル力が勝敗に大きく左右したことはゆうまでもないので来年に向けてこの冬はサボることなく頑張ってください。

■4A
4A
優勝 林 亭
2位 高森 康博
3位 田中 海周
4位 寺島 マオ

■3A
3A
優勝 岡本 和也
2位 安木 修治
3位 ミズノ シンジ
4位 藤井 慎太郎

■2A
2A
優勝 アイガ アキオ
2位 繁田 侑巳
3位 和田 倫典
4位 日高 孝平
■1A
1A
優勝 大田 耕平
2位 山中 凛
3位 大鵬 翔希
4位 南野 祐一

■シニア
シニア
優勝 山中 保博
2位 大鵬 健太
3位 西
4位 大谷 武士
■Womens
Womens
優勝 原 佳子
2位 森永 紗央理
3位 野津 アイコ
4位 都 寿子
■KIDS
KIDS
優勝 大橋 桃
2位 西 ユウジ
3位 竹澤 コウタ
4位 日比野ワタル
■B.B
bodyboard
優勝 藤井 良子
2位 石山 チナツ
3位 高橋 アキ
4位 久光 トシミ

〜大会風景〜
2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト 2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト 2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト
2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト 2nd South Shore CUP/第53回 ホールドアウト サーフィンコンテスト