Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > スノートリップ  > 06'ヨーロッパ紀行
 
オフシーズンは、決まってニュージーランドでトレーニングという毎年のサイクルを今年はちょっと変えてみました。初のシーズン前のトレーニング。フランスの山奥のリゾートはこんな感じでした。

11月24日〜12月12日 
オランダ・アムステルダム経由スイス・ジューネーブからバスでフランス・ティーニュへ。

現地は日本時間から−8時間

06'ヨーロッパ紀行 06'ヨーロッパ紀行

24日発の24日中に取り合えず無事到着でしたが、ティーニュ行きのバスは翌日25日からの運行開始の為その日の宿は『ジュネーブ空港』です。ベッドはもちろんボードケース。

さすがスイス、空港の時計は・・・。

06'ヨーロッパ紀行
翌日いよいよバスに揺られてティーニュ入りです。
今年のヨーロッパは、日本のニュースでも言われていた通りかなりの雪不足です。少し歩くと暑くなるくらいの気温でした。

06'ヨーロッパ紀行
しかし、山の上に行くとさすが!!
少しの小石と、突然の穴はたまにあるもののNZの雪不足に比べたら最高の状態でした。

そして、山の上にはリフトでも上がれますがフニキュラと呼ばれる電車のような乗り物に乗り10分ほどで着きます。5・6年前他のスキー場でしたが、炎上してたくさんの方がお亡くなりになられました。
最悪を考えると、ぞっとしながらの10分間です。

06'ヨーロッパ紀行
山頂に上がれば360度どこを見ても山山山
絶景でした。
写真には納まりきらないデカさ。

昔、撮りっきりカメラでパノラマってのがありましたが
デジカメもパノラマが欲しいとこんなに思ったことはありません(笑)

06'ヨーロッパ紀行
同じ山でも毎日表情が変わるもので、毎朝その美しさにうっとり。

これは、少し空に雲がある景色。
雲のお陰でちょっとは、奥行きがわかりやすかな?

前半は各国のスキーナショナルチームがゲートをすごい斜面で練習してました。やっぱりマジかで見たらスピードがすごい。雪は降らないものの、いい天気が続きリフト待ちもなく程よく滑れご機嫌でした。

06'ヨーロッパ紀行
後半は、待ちに待った雪が降り始めました。
今まで石ごろごろだった、ベースまでのコースにも雪がついた様子ので思い切って滑り降りてみました。

んー最高・・・とは言えないものの、よかった下まで滑れて!悔いはなし!!

んっ??悔い話し?
いやいや、1つやり残したことが。
06'ヨーロッパ紀行
06'ヨーロッパ紀行
ハイシーズンには、滑って行ける様なのですが、穴の開いている岩があるんです。これこれ、ここに。

インフォメーションで登る道を教えてもらったのに、雪が降り始めて行けなかった〜 。

今回のフランストリップは、とても価値あるものでした。
もちろんスノーボード以外でもフランス語に触れられ、朝6時から最高においしい焼きたてのパンを買いに行き、本場のレディファーストを体験でき、物価の高さに悲鳴を上げ、でも、ワインの安さに首を傾げ・・・。
あ〜知ってしまった〜って感じです。

そして、今週末から私の日本のシーズンインです。

井苅美千代
TOP▲