Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > サーフトリップ  > 北カリフォルニア
 
北カリフォルニア
テロ事件のためキャンセルを覚悟していたが、前日から急遽飛行が再開し、何も考えずUSA経由メキシコにGO!
通常 ならフルのアメリカ便だがこの事件の為、ガラガラかな?と想像していたが、意外と旅客がいて、物好きな旅人は僕だけじゃなかったようだ!
でも結局メキシコには行くには行けるが、帰りが保証出来ないとかいつになるかわからないって言われ断念し、急遽予定変更し、アメリカのサーフィン発祥の地と言われるノーザンカリフォルニアのサンタクルーズにいくことに決めた!

サンクレメンテからだとフリーウェイをぶっ飛ばして北へ北へと8時間もかかる内陸地域で、同じ景色が延々と続 き、畑だらけ。南カリフォルニアしか知らなかった僕は、畑は何処にあるのやろ?カリフォルニア米はどこで作ってるの? カリフォルニアワインの葡萄は?とか小さな疑問を以前から持っていたけど、北に行けばすべて納得!

南と北ではこんだ け景色がちがうの?っていうくらい風景が一転。赤土などは何処にも無く緑だらけ。
街はヨーロッパの様で、本当に住 みやすそう。海も人が少なく、あの有名なスティーマーレーンも岬からチェックする限り、すごくフレンドリーでサーフ しやすそうです。
サンタクルーズに着き、すぐに見つけたサーフショッ プでスティーマーレーンの場所を聞き、急いでサーフしに岬へ行き、波をチェック!エッ!アンビリーバボー! 海にいるサーファーの殆どの人がブーツを履いている、しかもグローブ&ヘッドキャップのサーファーも少なくないしセミドライスーツが大半!まだ夏やで日本は。四国はトランクスで10月までサーフできるで。この違い、しかも海にはあのラッコ、それにオットセイなどがいーっぱい。
到着したのが夕方で、セーターやジャンパーを着てる人が結構居る位の気候だったので、この日は断念!明日に期待をかけ、ピアの前のモーテルにチェックイン。ディナーはもちろんシー フードをオーダーしたけど、タラバガニは後日ダナポイントのチャートハウスで食べたやつや、昨年北海道で食べた方が美味しかったな!!!なんで?

北カリフォルニア
あけて翌日、天気は快晴!気分は最高!
持ってきたウェットはオール3mm。とりあえず海にGO−!松村をテストで先に海にほりこむ。
が!やっぱり右足を浸けただけで足がしびれたとか、氷水みたいだとか、やっぱ僕は考えが甘かった 事を痛感!結局トラッセルズに帰るまで一度もサーフはせずでした。
北カリフォルニアをなめとったらあかんでと自分に言い聞かせ、昼からはハーフムーンベイに行きビックウェーブで有名なマーベリックスを見学!冬になると沖のリーフの地形に北のウネリがヒットし、究極のビッグウェーブが炸裂。また見に来たい気もするけど、水温がって感じ!
そ うそうセミドライスーツを着てるサーファーがいる同じ海で、裸の観光客が泳いでいたり、フルスーツを着て海水浴をす る一般の旅行者が居たり、なんかアメリカってすごいなーって感じ!結論はやっぱサーフィンはトランクスでするのが 一番かな!!!
TOP▲