Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > サーフトリップ  > メンタワイ2007
 
MENTAWAI Y  04〜18 JUN 07

メンタワイ2007
三年ぶり六度目のメンタワイ、4日に関空を出発バリを経由して、10日からジャカルタ・パダンを経由してのメンタワイボードトリップ。船は二度目のサラーニャであのイングランド出身のキャプテンとの再会も楽しみでした。

メンバーは社交的度100%の吉川、東京から参加してくれ一日目クタリーフで俺らをビックリさせてくれた社長・八田氏、お好み屋の親方・小井戸氏と広島から参加してくれた大工の篠原君と紅一点の原ちゃんそれと僕の6名!

5 JUN
昨日夕方着陸時にエアポートを確認するとロータイドだったけど波が全然なく小さいなと思っていたら朝チェックすると4フィートぐらいあり、急いで薄暗いうちからサーフ!
カヌーのバリニーズに9時に向えに来てっと頼みサーフ!
さすがに波がいいと早朝だけどみるみるうちにサーファーが増え30人ぐらいでポイントは大混雑、日本人は俺たちだけで後はすべてオージー!
波は最高のセットが入ってくるけどなかなか良いのがGET出来ずに不快指数100%ぐらい!二時間ぐらいで吉川がロングライドを決め早々と上がっていき、俺は三時間たっぷりサーフ、で9時にカヌーが迎に来てくれたので篠原&原ちゃんを呼びあがる事に。BUT 八田氏が居ないので先に吉川と上がった
のかな?っと考えGO BACK。

あれ? 部屋に居ない?  

吉川に「八田は?」
吉川「 えっ!知りませんよ?」

えっ?まだ上がってない? 嘘? 
ビーチに行き知り合いのバリニーズ・ブラッキーに相談もう一度ポイントを見に行く事になり、二人でポイントえボードを走らせ探して八田氏はいない!  「えっー!」
波は大きいけど死ぬぐらいのサイズでも無いし、もしリーフに頭がヒットしててもボードだけは浮かんでいるはずだし、ボード共々消えてしまうなんて考えられないけど、現実にいない!

俺の頭に「 死 !」がかすむ!

もう一度吉川がカヌーで探しに行ってくれ、そのとき途方にくれかけ海を見ていると、遥か右側でカレントに翻弄され思い切り疲れ気味のパドルのサーファーが見え、良く良くみると  バンザーイ!  八田や!原ちゃんなんか、涙をためて喜んでいるしまつ!
聞くとクタリーフがいっぱいで全然乗れなかったのでパドルで隣のポイントまで行ってたらしく!
まあ何はともあれ良かった!

その日のディナーはお詫びがてら八田氏のおごりで焼肉に!
後でプライベートでバリに来ているフォトグラファーの中島氏に電話して今日は何処でサ−フしてたのって聞くと!パタンパタンのオーバーヘッドぐらいの波でたった4人で一日中やっていたとか。
「えっー! そんな日あるんや!」

ある日、ウルワツでドン・ジョンソンと突然の出会い、「昨日ドンは何処でサーフしてたの?」 するとドンは「コーナー10フィートぐらいあったよ!」
本物のドンはウルワツのビックウェーブでサーフしてたんや!
早々に会話も済ませ入水、 ウルワツも人人人、全然乗られへん!
二時間ぐらいで海から上がり、」まだ入っているドンのサーフィンでも観ようかなっとワルンからチェック、あのドンでも全然波に乗れてないわ!
俺が乗れるはずないやんけ!と変な納得をしてたしだい!

波が上がると大混雑のクタリーフだったけど、肩・頭ぐらいの波で3人だけで出来た日もあり10日の出発にむけ着々とトレーニング!でもバリはもう昔の様なメローな雰囲気を望んではいけないと、わかっているけど再確認した。

メンタワイ2007
10日の昼からジャカルタ経由でスマトラのパダンに向う、到着時はPMの11時ぐらい、三年ぶりのパダン空港は新しくなっていて大きくなっていた、スマトラは乾季だというのに大雨!雨の中荷物を船に積み、船内に。
キャプテンは以前のイギリス人じゃなくオージーのリックに変っていて、このキャプテンで本当に良かったてその後何度も確認出来たぐらいで、僕のお勧めの船長です!

キャプテンがいきなりHTに行くって!  
ゲッゲッ!メンタワイでもNo1危ない本物のポイント、そこでアメリカはシスコから来ているアールをピックアップするとの事。

1日目
メンタワイ2007
久々のHT、やっぱ浅いわ!
上手い連中がびんびんエアー&リップを決めているので何処から来ているのか聞くと、フランスのサーフマガジンの取材で今日から来たとの事、WQSランキング現在20位の選手もいるらしくひときわめだった。カッコイイサーフィンをして俺たちを魅了していたわ!今日はオールデイHTでした。

日暮れと共に船長が船を走しらせマカロニを越えてサンダースに向うとの事、以 前一度サンダースではサーフした事があるけど風もうねりも合っていたのに全然良くかなった事があり、なんでやねん???

2日目
メンタワイ2007
メンタワイ2007
起きるとヘッドオーバーぐらいの良い波!
朝は俺たちだけだったけど、続々と船が集結、フランスもプロチームの船も登場したところをみるとどうやら今日はここが一番の様で船長「THANKS」です。
本間に良い波やった!サンダースが大好きに。

3日目

サイズUP サンダースは6ぐらいで風は合っているが、うねりは全然よくなく、レッグスレフトに、アメリカ人たちの船が先に来ていてサーフ中!
入ろかなっと用意しだすと、アールが「彼等は今日がラストデイなので彼等がサーフ終わってから俺たちは入ろっと」シェアする事を提案され待つ事に。
観ているとセットはでかい、6ぐらいはあるわあるわ!「やばー!」アメリカ人みんなセットを全員喰らっている!いややなー!と考えているとそうこうしているとキャプテンがマカロニ行こかって提案!
二つ返事で俺は「OK!」「ヒュー!」   

さすがにマカロニは船が何隻も停泊、でも波最高!少々風が悪くても最高本当に良い波!思い切り夕暮れまでサーフ今夜はマカロニステイ!

4日目 
メンタワイ2007
朝薄暗いうちからサーフ、昨日よりセットが大きくなっている。
昨日まで奥で待っていてセットが来てもフルスロットルのパドルで逃げれたのに、今日はことごとくつかまり喰らう!
二番手で入ってきた紅一点の原ちゃんが昨日の様に奥のインサイドにパドル!
「原ちゃん今日はセット昨日より大きいのでそこは喰らうよ」って言ってあげよっておもったと同時にビックセットが来て俺も犠牲に!

苦しいー!
巻かれて水面に顔を出すと、「あれっ?」
原ちゃんの借りてきた6‘6“のボードが折れているではないか?

「大丈夫?」
原「大丈夫です、折れちゃいました」って笑顔で返事!

メンタワイ2007
慌ててディンギーを呼んでいる俺を尻目に、原ちゃんは笑顔でスイミング!恐るべしこの女!
朝から3時間サーフ、俺が上がってこないのでスタッフに呼びにこられ上げられるしまつに、どうやら近くのライトのポイントに行くらしくそこは誰もサーファーがいない模様と聞かされたけど人が多くても俺はマカロニやな!SEE YOU マカロニ!
次ここでサーフ出きるのは何年後かな?

ポイント到着 ノーバディサーファー!  俺以外のみんなは海に入水!
船から見ているとたまに入ってくるビックセットの洗礼を全員が受けていてキャプテンのリックは一本も乗らずにインサイドまでもって行かれインサイドで迎に来てくれよっーてボードを思い切り振っている姿をみて俺は入るのをやめて観戦にまわった次第で、全員が手こずっていたけど、この広いポイントを俺たちだけで貸切で、みんな思い切り心行くまでサーフしてたよ。
八田がインサイドでチューブインを俺が目撃、写真には残せなかったけど、 彼の心にはすごく残っているはず!
メンタワイ2007

停泊中のボードに寄って来る原住民からキャプテンがこの島に日本兵の生き残りがいるとの情報を仕入れ、ロコの許可をもらい島に上陸した。
椰子の木を抜けると住居があり 「 居たー!日本人や!」 聞くと目も見えにくく、耳も遠いとのこと、大声で「おじいさん僕達は日本から来ました!」と言うとおじいさんは「ごくろう!」 とたどたどしい日本語で応えてくれ、「戦争は終わりましたよおじいさん、今はアメリカとはお友達ですよ!」
おじいさんは東京出身でこのメンタワイでもう60年ぐらいすんでるとの事、凄い歴史を感じ俺たち一同は(日本人・アメリカ人・オージー)大感動!

メンタワイ2007
そのときおじいさんの孫が一メートルぐらいある鉈をひゅーっと振り下ろすと、そこには二つに切られた蛇が、オレンジ色とブルーと、えっ毒蛇やこれままさしく!
危ないやんけ!やっぱここは熱帯ジャングルや!
この日の体験は生涯忘れないやろな! THANKS !

夕方はランシスレフト、セットは5フィートオーバーとこれだけあるのにビンタンは無いのはなんでやろ?不思議や! 
船長から提案が、今夜この近くで寝て明日ランシスをやってテレスコープに移動するか、夜のうちにテレスコープに移動し明日は朝一からどっぷりテレスコープでサーフするかと聞かれ、そくテレスコープに移動する事を了承!さああすはテレスコープや!

5日目
朝スケクロウをチェック、今一隣のポイントそうテレスコープに移動!
サイズは肩〜頭ぐらいだけどオフショアーの良い波、早速入水!
メンタワイ2007
やたら流れがはやくパドルのしっぱなし、中々良い波をGETできない、この流れなんとかならへんのかってぐらいやばいながれ!それでもこの波で船は2隻だけ!最高でしょうって気を取り直し昼からもここでサーフ!
後で聞くと隣のスケアクロウではあのジム・バンクスがサーフしてたとか?観たかったな!
ペルーから来ていたサーファーが昨日はアイスランドで10フィートあったでって!

今日は吉川の誕生日、彼に内緒でバナナケーキをカスターが作り生クリームを船長が作りディナーの後でバースディパーティー!
最後に船長がインドネシアスタイルの祝福するからここに目をつぶって座ってと言われ吉川は船尾のデッキのイスの上に目をつぶって座り、何をするのかなっと思っていたら船長がみんなに生玉子をくばり順番にぶつけよって!こうして吉川は写真の様に!最高の誕生日やったでしょう彼は!

6日目

メンタワイ2007
さらにサイズダウン! プレイグランドがフラット、ニプシでサーフ、ここにも遅れてフランスプロチームが登場!インサイドのリーフ沿いにブライクする楽しい波で入っているサーファーのマナーも良く気持ちよく最後のメンタワイを味わって、途中豪雨が襲ってきたもの楽しい思い出!
今回は期間は1週間だったけど船長のおかげでほんま良い波いっぱい乗れて最高&スタッフも最高&
毎日というぐらい刺身食べれて最高&八田も篠ちゃんもみんな最高でした。

原ちゃんが後半は息切れ気味やったけどほんまにGO FOR ITの精神で気持ち良いくらいの突っ込みをみせてくれ何回も目を細めさせてくれたわ!全日本&禁煙頑張れ原ちゃん!帰りの船が大揺れ!
船酔いには全然強いので、ゆれる中余裕をぶっこいで船長&アールと晩御飯を食べベッドに。揺れ過ぎてなぜか俺だけベッドから振り落とされ寝れない。でも隣の八田は爆睡!「何でやねん!

船の中でジャガイモ&スイカ&ガラスは割れるし、棚の荷物は飛び散るし、船首は大波を何回もかぶり一時は本間に生きて帰れるかなって感じたぐらいで、船のエンジンも一つつぶれたぐらいでキャプテンも今までで二番目に揺れたって言ってたぐらいでほんまにすごかったわ!
でも八田は何故か朝まで爆睡!広島出身の篠ちゃんも揺れる中起きてきてちょっと一服、信じられへん!小井戸も到着まで爆睡!俺と原ちゃんだけが揺られまくりや!
もう船は良いかなって!BUT サーフィン最高!

THANKS MENTAWAI!
メンタワイ2007 メンタワイ2007
TOP▲