Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > サーフトリップ  > メンタワイ2004
 
今回で5回目のメンタワイ、昨年はノーススマトラに行きはずしたので今年のメンタワイには今まで以上の期待が膨らみ、船もメンタワイで走ってるなかで一番速い船[ヌサントラ]を早々と予約し備えた。
メンバーは俺、マーコ、柚木、南野、小井戸、日出男、中村、アキラ、伊藤、福原、栄治
の11名のエンジョイサーファー達。

メンタワイ2004
バリで4日間のステイの後ジャカルタ経由でパダンに向かう。パダンの空港にはアダムがピックアップに来てくれていた。
いきなりアダムに「ストームが来ているから波あるけど今日は船揺れる」とききぞっー!半端じゃないぐらい船は揺れに大揺れ、とても晩御飯を食べれる状態じゃなく早々とベットイン。横になっていても吐きそうなぐらいで、俺はなんとか大丈夫だったけどスーちゃん、中村、福原がゲロゲロピー!

メンタワイ2004
今回のメンタワイでは初めてのポイント、バーガーワールドで1日目にサーフ。初めてなので期待していたが、入るといつも船が少ないらしいのを納得!サイズはあるがショルダーのない癖のある波で一度経験したらもうおなか一杯って感じのポイント。

3日目にもアイスランドでサーフ。ここも初めてのポイントで、一番敏感なポイントらしく遥か沖から入るビックセットを喰らってしまい、思い切りインサイドに引っ張られ「ヤバッー!!」って感じで引きずられましたが、カレントにのりスムーズにアウトにもどれ一安心!ここも波がワイドに入ってくるわりにはショルダーが短く、すぐ近くにテレスコープという最高のポイントがあるのでどうしても素通りされるのが納得でした。

噂では聞いてたけど今回の船ヌサントラは本当に船足がはやくテレスコープからマカロニまで2時間と少しで行き、その速さに感動!普通は4時間ぐらいはゆうにかかり、普通の船では一日かかるのに、僕らは朝にテレスコープでサーフィンを十分に堪能したあと出発し昼過ぎには、最高のマカロニをゲット出来たのもこの最速船ヌサントラのおかげでも俺に言わすと欠点が1つ。それは船が小さいため搭載できる真水に限界があり、シャワーが規制される事。これにはまいったなー!朝昼海から上がってきてもシャワーは使わせてもらえず、使えるのは夜のみ。初めての経験!!!FUCKって言うぐらい昼が気持ち悪く、次は船足が遅くても良いかなって!

メンタワイ2004
メンタワイ2004
メンタワイ2004
マカロニにはこの日を含め3日間も滞在し本当に最高の波をゲット。
それにしてもマカロニは良い波、過去3、4フィートぐらいの波はやったことがあり、本当に乗りやすくチューブがある割にはめちゃくちゃ危険でもないなー!と認識してたけど、今回は6フィートぐらいをあたり、奥でセットを喰らったりすると必ず体の何処かがリーフにヒットし、僕なんかは毎回何処かを怪我、怪我、怪我!
良い時のマカロニは常時20名ぐらいのサーファーがラインナップに待機しており波の取りあいが大変、でもピークにいればセットは僕らでも乗る事が出来、奥で待っていると順番に乗ることが出来るが僕には問題が!
それはなぜか??なんと思います?
それは外人のポジションからテイクオフしなければいけないのでテイクオフした時点で自分の腕では抜けるのが不可能な位置からの突っ込みを余儀なくされ、それも僕の体に傷をつける原因でした。それでも数少ない抜けれた波は最高の空間と自己満足を与えてくれました。

またこれだけのマシンウェーブだと、ボードの善し悪しと言うか、自分が乗りやすいボード、また自分には合わないボード、また僕が今一だったボードに仲間が乗れば最高だったり。調子の良いフィンとかとかが本当に良くわかり、自分にとってまた新しい発見があり、今まで以上にサーフボードを追求しまた欲しくなります。
ちなみに僕はCHPのダイスケシェープのボードがヒット、これまたコンピューターシェープなので次回も同じ感じのボードを頼めるのがチョーうれしい、毎日毎日使いまくり。

メンタワイ2004
この3日間のマカロニの波が僕ら11名のサーフィン寿命延長に大きな影響を与えてくれた事はゆうまでもありません。
マカロニで合った愛知県のサーファー達も心からの笑顔でサーフィンをして挨拶をかわしたりシェイクハンド、3年前のメンタワイのとき一緒に行動していたトム・プランナーとも偶然再会!このときも一番奥からすごいバレルをゲットして各船から見ているギャラリーから拍手喝さいだった。
これだけスウェルがありマカロニはヒットしたが、ちょっとしたうねりの角度の違いでHTは全然でした。
マカロニに行く時も帰りももちろんチェックしサーフしたが、うねりは十分にあるけどショルダーが全然。
いつもは凄いバレルのチョーシャロウリーフにびびりっぱなしのおれだけど、今回は全然。なんかうねりのちょっとした角度の違いでこれだけ差があるのかと再認識、びっくり!!!

後半はランシスレフト&ビンタンでサーフ、ここも俺たちだけの貸切状態でいい波だったがマカロニをやったあとだったので迫力に掛け、バレルもショルダーもあるけどなんか?

メンタワイ2004
写真で見てもわかるように、日本でこれだけの波なら最高級なので気分を入れ替えリップリップ!!!
最後はプレイグランドに戻りリラックスサーフ、でもアダムに頼みカンドゥイをチェックしにいくと、4−5人の白人達がサーフしていた。
オーバーヘッドぐらいの早い早いバレルの波で俺たちの人数も考えて入るのをやめ最後なので怪我の危険のないFUNサーフを選択。
聞くところによるとマカロニ・HT・テレスコープなどなど有名サーフスポットには来年度にはコテージが出来るらしく、サーフする権利も色々ややこしくなるようで、やっぱ人が集る所には利権が生まれ、政治が介入してくるのが世の常やねんな。
すべてオーストラリア&ヨーロッパの資本のようです。どうゆう形態に変わるのか想像しがたいが、この大自然がいつまでもこのままで残るようにしてもらいたいものだ。

来年は俺たちはメンタワイを卒業し、サウススマトラのカランニングポールに行くつもりです。ローカルサーファーがいない上に道中に15時間ぐらいかかるため、ビジターが本当に少ないようです。またレポートしますね。

メンタワイ2004 メンタワイ2004
TOP▲