Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > サーフトリップ  > メンタワイ2001
 
メンタワイ2001
6月24日からバリに入り軽く体を慣らした後、30日から7月10日まで、今回で3度目のメンタワイボートトリッ プに出発! 今回お世話になるボートはインドネシア籍のナガラウト、過去サラーニャ&豪華なサンスーチと経験し たが、僕個人では今回の船が一番の御気に入り!
船足の速さ、船内の豪華さはサンスーチが一番だけど、食事の内容とトイレがよく詰まるのが・・・・。
サラーニャは少し小ぶりの船体と、美味しいけど毎晩でるミゴレンがっ・・・て感じで、僕としては毎晩違う美味しいメニューの味あわせてくれ、おまけに熟練のダイバーであるキャプテンが毎日魚をシュートしてくれて、毎晩新鮮な刺身と焼き魚が食べれたのが最高!来年もホールドアウトはナガラウトに決まり。(写真の魚がキャプテンがシュートしてきた魚。)

今年の波は当たりに当たった。最低でも4フィート、HTではセットがMAXにちかい8フィート (ハワイアン)位のが来てすごいセッションでした。
ツアーは初日グフィーのアイスランドに到着、船が一隻停泊していてチェックしてると、今回お世話になった波案内人のトム(AUST)がここは流れがきついって言ったので、すぐに移動決定!
結局サーフィンはここから一番近いテレスコープ(グーフィー)で1ラウンド目を!すでに船が一隻停泊中、波はセット4フィートオーバーでチューブぐりんぐりんの極上の波。
先にサーフしていたブラジリアンとの波の取り合いに殆ど負けていた僕たちでしたが、それでも 最高のバレル。
メンタワイ2001
オサムは初日のしょっぱなにボードを2本もボキ!波がいいので一日ここでサーフ。
夜は何処のポイントでサーフしていても波の穏やかな入り江に移動して停泊します。 結構、沖で停泊するので一番気になるマラリアを運んでくる蚊は大丈夫かな?と考えてると、これが危なく、根性のある蚊が居るので平気で飛んでくるのにはビックリ!そ れでも虫よけスプレーを体中にふり夜は船の光によって来るチュミチュミ(日本語=いか)をゲットする釣りのセッシ ョン!(アドバイス:イカ用のルアーを持って行けばいいですよ)。

2日目はスケアクロウ(グーフィー)で朝一、吉彦&オサム達がサーフ。
ビッグセットは入ってくるが、満ちてるためか?波が厚く、今一のブレイク。朝ご飯を食べながらの波乗りチェック。
メンタワイ2001
結局早々にサーフを切り上げ、HT(ホローツリー 、レギュラー)に移動をする事に。3時間後のお昼ごろHTに到着。いきなり波は最高の最高、WQSのプロサーファーのピーター メンディアやプエルトリコのサーファー達がすごいバレルにプルイン!本物達はすごい奥からチューブをゲット。僕らも頑張ったが奥からは全然行けなかった。この日、一日で4本のボードを折ってしまい、でも最高の経験と目の保養にはバッチリ!入るだけでもたいしたもんや、と一同自分自身で納得。トムのグラブレールかっこよかったなー!

次の日もHTで過しボードと足の裏や体がサンゴでぼろぼろ。昼からランシスでサーフし明日はいよいよ僕がメンタワイで一番好きなスポット、マカロニにGo!

4日目朝からマカロニ(グーフィー)、4−6フィート面ツル、グフィーの僕には答えられないここの波HTはセッ トが入ると殆どくらい、怖い思いをするが、マカロニは少々奥のインサイドでいても、セットはスルー出来るので、結構奥からGO FOR IT!グーフィーレギュラーを問わず全員の笑顔がマカロニの楽しさを物語ってた。

6日目はメンタワイをさらに南下。
3度目にして初めていけたサンダース、トムがメンタワイで一番好きなポイントだと教えてくれていたので期待いっぱい。彼曰くマカロニは規則正しいマシンブレイクだが、サンダースは波がシフトするので面白いとの事。手前の島のレッグスレフト(肩〜頭)で一隻サーフしてたが、僕らは隣の島のスポット「サンダース」に行く。
メンタワイ2001
さっそく波をチェック!メンツルで無風と良い波の条件は整っているのだが、なぜか今一。朝ご飯を先に済ませゆっくりウエィティング。まず先頭を切ったのがやはりトム。彼に誘われるままにオサム&柚木&僕がチャレンジ!セットは結構大きく、ボトムに思い切り引っ張る波で、乗るとアットゆうまにインサイド。僕は上手くセットとタイミングが合い、食らわずにのれたが、柚木は面白いようにセットをご馳走になってた。トムはここでも面白くないと言いつつ何度もチューブイン! 7日目の昼からはマカロニにGO BACK!夕方に到着、同時期にSWの取材で来てるSMACの植田氏、今村 大介、林健太、Dジョンソン、アダム、中野マサト達とやっと合流。ラスティーも一日一人450ドルもする船で来ていてサーフしていた。さすが!かな?どうでもいいけど。

メンタワイ2001
次の日も朝からマカロニ。直がリーシュを切りボードを流す。流れたボードを直と探してたら、なんとマーコがボードを持ってリーフブーツを履いてても足が痛いリーフの上を素足で取りに行ってたのには一同脱帽!さすがマーコ相変わらずいい人

9日目の夕方に再びHTをチェック。あまり良くなかったのでNo Surf。

10日目朝一HTをチェック。風が良くないのでビンタン(レギュラー)に移動。
先に一隻いたがレギュラーチームはすぐにGO!あまり僕の目には良く見えなかったので、ディンギーで少し離れたランシス(グーフィー)に送ってもらい、サーフ。これが当たり、朝一は僕&吉彦&直&柚木&SUEちゃんの5人でランシスのインサイドを独占。チューブもあり本当にいい波。メンタワイの思い出の波の一つになった。吉彦、柚木のスタンディングチューブが印象に残る。
昼からは全員でランシスでサーフ。最後のメンタワイを夕方遅くまで堪能してました。BAGUS! 

See Ya Yahho!

アドバイス:むぎ茶の冷水用のティーバック・刺身用のしょうゆ・わさび・ふりかけ・うめぼし。ビデオは船でバッテリーの充電が出来るのでOKです。バスタオルは船に常備してます。
TOP▲