Untitled Document
   
Hold Out Osaka Hold Out Osaka
サーフ スノーボード ショップ サーフトリップ bbs link contest お問合せ
 
コラム > サーフトリップ  > カリフォルニア2003
 
2年ぶりのカリフォルニア。
前回はセプテンバーイレブン直後だったので、なにかと慌しかったけど、今回はのんびりとベガスからスタートし、スロットにコテンパンにやっつけられて、2日後の4日にオレンジカウンティーのサンクレメンテにある、ホーガンのファクトリーへボードを受け取りに行った。が、あいにく彼は不在だった。ホーガンのファクトリーっていってもサンクレメンテいち大きいラミネート工場の一部をシェーピングルームとして借りているだけで、近くにはティミーパターソンやコール、ロストのメイヘム等々、有名シェーパーがいっぱいで、向いにはレインボーフィンのオフィスもあり、さながらサーフィン業界銀座って感じです。

カリフォルニア2003
なんとかボードをゲットしTストリートの夕波でサーフ!やっぱカリフォルニアは水が冷たいわ!!夏やとゆうのにフルスーツ、でもでも周りはちびっ子からおっさんまでいっぱいで、相変わらず寒いのに裸で入ってるサーファーもちらほら?いつ見ても本当に不思議やわ白人は!寒く 無いのかこいつらは?それともウエットが無いだけかな?

こうして毎朝くらいうちに起きて、モーテル前のサーフィンドーナッツでホットコーヒーとドーナッツをゲットし朝一 サーフに向かう日がスタート!
ある日曜日、日本人の僕から見ると不思議な経験をした。場所はソルトクリークの右側でポイントブレイクっぽく割れているエリアでローカルの大会が開催されていたけど、大会中であるにかかわらず一般サーファーがコンテストエリアに入り選手の波を奪う勢いでじゃんじゃんテイクオフ、あきらかに選手の邪魔をしても大会関係者も知らん顔して大会は進行、これが日本だとマイクで注意され大ひんしゅくもの!
聞くとアメリカでは海はみんなのもので、余程大きい規模の大会じゃない限りエリア規制は出来ないようで、小さいショップレベルの大会ではこんなことは当たり前らしいです。
俺もえんりょうなく選手と一緒にサーフ、ゼッケンをつけた選手と同じ波の奪い合いは変な気分で貴重な体験でした 。

またある朝Tストでサーフしてたらディノ・アンディーノとジョン・シムーカがほんまに小波なのに早朝からサーフしリップをバンバン決め、かっこいいライディングを決めてサーフ。あるときディノが追いかけた同じレフトの波を子供のサーファーが必死にパドル!!結局キッズサーファーは乗れずにディノがテイクオフ。当然インサイドまでロングライドしラインナップに戻ってくるなり、だいの大人が子供に向かって真剣にFUCK YOU っと怒っているのにもビックリ!(何もそこまでいわんでもって感じ大人気ないで) 
でも本場のこどもも英語は敬語が無いので対等に言い返し、おっさんと子供が必死に言い合いしている。しかもおっさんは元WCTのサーファーなのが俺には面白かった。

カリフォルニア2003
毎年サンディエゴで開催されているサーフウェアー&ボード等のサーフィン業界最大のイベントASRも見に行ったが、昔初めて行ったころの感動はなく、目に引くもの興味をそそられるもの等はまったくなくしらけムードでした。
ビーチフロントのHSSやJACKなどのBIG SHOPを覗いても、あのステューシーですら店内に山積状態で全然売れているようには感じなかったし、今ファッションはヨーロッパって感じかな。俺が履いていたメイドインJPNの★★★の細いシルエットのパンツに本場のショップの店長が興味をもっていたのにはびっくり。
滞在中にトラッセルズのローワでWCTの大会が開催中で、クォーターファイナルから観戦し、久々に世界のサーフに触れ衝撃!!!
最近、林健太がQSの世界戦でアマチュアながら4位になったりで、世界との差は縮まってると自分は考えていたが・・・見るとびっくり。世界との差は大きくなっていた。悔しいけど日本のトップサーファー達とはあきらかに違うサーフィンを彼らはしていた。何が違うねんやろ?数年前に健太と同世代のケコア・バカルソを千葉で見たとき、健太のほうが上手やな、小波では。と感じ、ビッグウェーブも乗れる健太ならチャンスあるかも?とか考えていたけど、そのケコアも今年サウスアフリカのWQS6スターで2位に、何が違うねんとつくづく考えたけどなんで?

ミック・ブルース・タジ・パーコ・考えただけでも無理、彼らと対等に戦うのは無理。近い将来出てきて欲しいものだ。大野達では無理や。次の世代の健太&樹達かな?行け行けJPN!農耕民族では狩猟民族に勝つのは無理か?

アメリカは僕の基本、音楽&ファッション&サーフ全てにいたってすごい影響を受けた国。
でも今回来て、サーフィンはやっぱ暖かい南の島やな、と実感。やっぱトランクスやなと痛感。水温が冷たく物価が高いのはあかんわ。サーフィンしに行くのはアジアやな。うん。とか感じて帰国。
TOP▲